赤ちゃんが自転車のヘルメットをするのはいつから?嫌がる場合の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんを自転車に乗せる機会って、
自転車が中心の生活をしていると、結構
あるのではないのでしょうか?

赤ちゃんって、帽子やヘルメットを
すごく嫌がるタイプの場合は、本当に
泣いて嫌がることも多いもの。

ぎゃーっと泣かれて、自転車に乗せる
たびに疲れてしまう・・と、いうママも
多いですよね。

そこで今回は、

  • 赤ちゃんの自転車のヘルメットは、
    いつからしないといけないのか。
  • 嫌がる場合はどうするのか。

と、いうことを中心に、お伝えしていき
たいと思いますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの自転車のヘルメットはいつからする?

赤ちゃんの自転車のヘルメットですが、
いつからしないといけないんで
しょうか?

赤ちゃんのヘルメットは・・

具体的には定まっていない
と、いうことになります。
いつからか、ということは定まって
いませんが、平成20年6月1日の道路
交通法改正で、幼児および児童
(13歳未満)に対する
ヘルメットの
着用努力義務
が施行されました。
(道路交通法 第63条の10)
なので、
赤ちゃんを、自転車に乗せる段階に
なったら、ヘルメットをかぶることを
意識しておくことが、ポイント。

赤ちゃんの自転車のヘルメットは義務なの?

先ほど、ヘルメットに関しては、
  • 着用努力義務

と、ご説明しましたよね。

と、いうことは・・

努力義務なので、守らない場合の
罰則は
ありません。
でも、もしものことを考えたときに、
頭を強く打ち付けるのを防ぐためには、
ヘルメットが必要!
義務ではないけれども、ヘルメットを
しておくことで、危険から赤ちゃんを
1つでも守ることができると、いう事に
なります。
ヘルメットは、赤ちゃんでも出来るものが
販売されていますよ。
たとえば、こちらの商品は、
  • 1歳ごろから年少さんくらいまで、
    長く使える。
  • インナーは丸洗い可能
  • 安全性もOK
  • かぶりやすい。
  • ずり落ち防止機能。
  • 日本製
  • EUを中心とした32か国の一般財団
    法人製品安全協会の安全基準に合格

と、いったことが特徴。

マットな素材感もおしゃれですね。

スポンサーリンク

子供乗せ自転車のヘルメットをしない!嫌がるときは?

ヘルメットを被せる大切さは、分かって
いるけれども子供が嫌がる・・・。

そんなときは、どうしたらよいので
しょうか?

そんなときには・・

ヘルメットをかぶせ続ける
ようにします。
なぜなら、子どもに
  • ヘルメットをかぶせる日
  • ヘルメットをかぶせない日

と、対応をバラバラにしていると、
子どもも、どうしたらいいのか
分かりにくいから。

なので、ヘルメットをかぶせると
決めたら、そこからはママがブレずに
ヘルメットを被せ続けたらいいです。

かぶせ続けることで、

  • ヘルメットをかぶることを
    習慣づける。

と、いうことも狙っています。

習慣になってしまえば、ヘルメットを
かぶっていても、特に気にすることが
なくなりますよ。

赤ちゃんのうちから、ヘルメットを
かぶる習慣がつくと、一人で自転車に
乗るようになっても、当たり前のように
ヘルメットをかぶってくれます。

スポンサーリンク

子乗せ自転車のヘルメットの盗難を防止したい!

子乗せ自転車の大切なヘルメットですが、
実は、とっても盗まれやすい!

それは・・

  • 無造作にかごに置いてある。
  • 自転車のハンドルにかけてある。

など、ともかく防犯対策があまりなされて
いないからなんです。

ヘルメットの盗難を防止するには、一体
どうすればいいんでしょうか?

私の保育園のママたちも、こどもを
自転車に乗せて登園されていることが多い
ので、よく見かける方法をご紹介したいと
思います。

私の保育園のママたちは・・

  • 仕事に子供用のヘルメットを
    持っていく。
  • 自転車にヘルメットホルダーを
    つける。

と、いうのが多いです。

ヘルメットホルダーは、

  • 盗難防止の鍵つき
  • プラスドライバーのみで取り付け
    可能。
  • 適応ハンドル径が18~25mmで、
    ほとんどの自転車に取り付け可能。
  • お値段も手ごろ。

なので、使っているママが多いです。

前かごに入れっぱなしにしておくと、
ふとしたときに、盗難にあってしまったら
悲しいので、対策はしっかりしておきま
しょう。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、赤ちゃんが自転車の
ヘルメットをするのはいつからかに
ついてを中心に、お伝えしました。

さいごにもう一度まとめると・・

  • 赤ちゃんを自転車に乗せ始めた
    ときからヘルメットは必要。
  • 嫌がってもかぶせ続ける。
  • 盗難防止対策をしっかりする。

と、いうことになります。

ヘルメットをかぶることを、赤ちゃんの
うちから習慣化しておくと、後々助かり
ますよ!

コメント