保育園の冬の服装は?保育士が年齢別に選び方のポイントをご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒くなってくると、保育園に子どもを
預けているママやパパは、一体どんな
服装がいいのか、悩むことはありま
せんか?

大人の服を選ぶ感覚で、子どもの
服を選んでもいいのか、もっと分厚い
服のほうがいいのか・・。

たしかに分かりにくいかもしれません。

そこで、今回は保育園の冬の服装の
選び方で失敗しないために、年齢別に
ポイントを保育士目線でご紹介!

今年の冬は、子どもが保育園で快適に
過ごすために一緒に見ていきましょう。

 

 

 

保育園のズボンの選び方

保育園のズボンで子供が履きやすいものは?保育士が教える選ぶポイント!

抱っこ紐を使うときのアウター問題

抱っこ紐の赤ちゃんのアウターは?保育園のママたちが使っているもの紹介

スポンサーリンク

保育園の冬の服装の選び方で失敗しないために知っておくことは?

保育園の冬の服装を見ていく前に、
絶対チェックしておいてほしいことが
あるんです。

それは・・

  • 保育園の暖房設備の確認。
  • 保育園の決まり事の確認
    (保育園の方針など)

です。

設備は、保育園によって本当に全然
違いますから、まずはそこをしっかり
チェック。

床暖房があるかどうかも、意外と
重要です!
(私の経験上、床暖房があると、
薄着で済むことが多い印象)

そして、次に確認するのが保育園の
決まり事の確認です。

保育園によっては・・

  • 機能性インナー禁止。
    (ヒートテックなど)
  • トレーナーの裏起毛はダメ。
  • 服の枚数が決められている。
    (シャツ+トップス1枚など)

などの決まりがあることも。

なので、自分の子どもの通園している
保育園の方針を確認しておきましょう。

確認する方法としては・・

  • 入園のしおりで確認する。
    (4月にもらっているところが多い)
  • 担任や主任の先生に確認する。

と、いう方法が確実です。

ここで、ママ友に聞いてみるという
方法もあるんですが、私はあまり
おすすめしません。

なぜなら・・

ママ友に聞いた情報が間違っていて、
後で保育園側から
注意される・・という
ことも考えられる
からなんです。

確実な方法を選ぶことが、失敗しない
ためには大切!

ボトムスに関しては、

  • 動きやすいもの
  • 自分で脱ぎ着しやすいもの。
  • シンプルな物

が、おすすめ。

タイツはできるだけ避けたほうが
いいです。

トイレで困っている子どもが多い
印象なので・・。
(しっかり下げられずにトイレで
失敗も多い)

スポンサーリンク

保育園の冬の服装選びのポイントを年齢別にご紹介!

では、保育園の冬の服装選びの
ポイントを年齢別に、一緒に見ていき
ましょう。

(保育園の冬の服装)0・1・2歳児の場合

保育園で一番小さな0・1歳児さんから
2歳児さんの場合は、どんなものを
選べばいいんでしょうか?

0・1・2歳児のポイントは・・

  • 運動量で決める

と、いうこと。

0・1・2歳児さんは、発達の個人差が
すごく大きいですよね。

ハイハイと走っている状態とでは、
全く運動量が違います。

じっとしているばかりだと、自分で
身体を温めることも出来にくいです。

逆に動き回れる場合は、厚着を
させすぎると、暑すぎて汗をかき、
身体が冷えてしまいます。

なので、子どもの運動量に注目して
服装を選びましょう。

◇0・1歳児の場合◇

  • シャツ(半袖)
  • トレーナー+ベストで調整
    (ハイハイ時期など)
  • 動きやすいズボン

◇2歳児の場合◇

  • シャツ(半袖)
  • 厚手の長袖Tシャツ+ベスト
    (汗かきの子)
  • トレーナー
  • 動きやすいズボン

2歳児さんになると、活発に動けるように
なります。

中には汗かきの子どもも。

汗かきの子どもの場合は、シャツと厚手の
長袖Tシャツで過ごす子どももいます。

トレーナーだと汗をかいてしまう・・。
でも、長そでTシャツだと肌寒い・・。

そんなときにはベストで調節。
意外とベストは使えるアイテムです。


ベストといっても、ダウンベストではなく、
こんなパイル素材のベスト。

こちらは、

  • サイズ展開も60~100㎝まで。
  • カラーが豊富。
  • パイル素材

なので、おすすめです!

それほど汗かきではない場合は、トレーナー
でOK。

(保育園の冬の服装)3・4・5歳児の場合

次に3・4・5歳児の場合を
見ていきましょう。

こちらも基本的に、選び方は運動量や
汗のかきやすさなどによります。

◇3・4・5歳児の場合◇

  • 半袖シャツ
  • 長袖Tシャツと半袖Tシャツの
    重ね着
    (保育園が服の枚数を指定して
    いない場合)
  • トレーナー
  • 動きやすいズボン
  • 早朝から登園する子はベスト!

こんなかんじです。

実際、冬でも半袖の子も少数います。
(活発な子)

基本的には、年齢が大きくなるほど、
薄着をしても問題ないです。

実際、寒い中でも外で遊びますが、
アウターを着て園庭に出ても、遊んで
いる最中に・・・

こども
こども

先生!暑いから脱いでくる!

と、いう子どもたちが多いくらい、
走り回ったり、縄跳びをしたりするから
です。

半袖Tシャツの子どもが、走り回っている
のも保育園のあるあるの風景。

あと、保育園によっては、極寒になる
まで、アウターは保育中に着せないと
いうところもあります。

そこも確認しておいた方が
いいですね。

スポンサーリンク

保育園のトレーナーでおすすめのものは?

保育園の冬の服装の定番のトレーナー
ですが、ここでも問題があります。

それは、トレーナーの種類。

トレーナーには、

  • 裏毛
  • 裏起毛
  • シャギーになっているもの
    (毛布みたいなかんじの)
  • フード付きか無しか。

が、あるからです。

厳しい保育園では、裏起毛やシャギーに
なっているものが禁止の園もあります。

なので、まずは保育園の方針を確認
しましょう。

そして、保育園での怪我や事故防止の
ために、かならずフード(パーカー)が
ないものを選んでほしいです。

私がおすすめするのは、

  • ヒートテック系の肌着
    +裏毛トレーナー
  • 綿の肌着+裏起毛

の、組み合わせです。

シャギーのトレーナーは、雪が結構
降るところにお住まいの場合には、
おすすめ。

それほど寒くないところで、

  • ヒートテック+シャギーの
    トレーナー

の、組み合わせを保育園に着ていくと、
暑すぎます。

子どもたちは、5歳児になっても
自分で汗をかいたから着替えることが
出来る子が少ないです。

なので、薄着が丁度いい。

お着替え袋の中に、調節できるように
服をいれることも忘れずに。


こちらのトレーナーは

  • 綿素材
  • 裏起毛なし
  • シンプル無地

なので、インナーがヒートテックでも
大丈夫そうです。

口コミによると、サイズ感が少し小さめ
とのことなので、子どものサイズを
しっかり確認しましょう!


こちらのトレーナーは、

  • 裏毛
  • ポケット付き
  • シンプル無地
  • シルエットが可愛い

と、いう特徴。

保育園は5歳児になると、入学準備に
向けて、ハンカチを持参するようになる
ことが多いんです。

ボトムスにポケットがない場合、
ポケットがついていると、ハンカチを
入れられるので便利。

保育園の肌着でおすすめのものは?選ぶポイント

保育園の肌着を選ぶときのポイントは、

  • 半袖のもの

を、選ぶようにします。

長袖だと、暑すぎることが多いからです。

保育園でよく子どもたちが着ているのは、
やはりヒートテック系のシャツが人気。

でも、機能性インナーが禁止の保育園も
ありますよね。

肌が敏感な子どもも、着ると痒くなって
しまう場合もあります。

そんなときは、


こちら。

こちらは、

  • 綿素材
  • 名前をかくタグ付き
  • 抗菌防臭加工

です。

個人的には、ランニングやキャミタイプ
より、半袖タイプのシャツがおすすめ。

汗かきの子の場合、脇のところにも
あせもになるので、汗を吸収してくれる
ほうが良いかと・・。

同じタイプで男の子向きの物もあります。

保育園の服はまとめ買いしたほうがいい?

保育園の服ですが、保育園ってお着替えも
沢山いりますし、まとめ買いしたほうが
いいんでしょうか・・?

私は・・

まとめ買いはおすすめしません。

なぜなら・・

  • 子どもの好みが変わりやすい。
  • そんなに枚数が要らないことも
    ある。

からです。

子どもって、気に入ったものは同じ
ものばかり着たがるし、嫌だったら
1回着て終わりのことも。

なので、私はまとめ買いは
おすすめしません。

私の場合は、子どもが保育園時代は

  • お着替え用2枚
  • 保育園に着ていく用2枚

の、合計4枚買っていました。

お着替え用は、少し大きめサイズ
しておくといいですよ。(1サイズ上
くらい)

もし、保育園のお着替えで、ほとんど
着なかった場合も、来年に回せます。

保育園なら、気に入らないデザインでも
渋々着ると思います。(今までお着替えで
ゴネた子どもはいない)

スポンサーリンク

さいごに

今回は、保育園の冬の服装について、
選び方のポイントをご紹介しました。

さいごにもう一度まとめると・・

  • 基本的に保育園は薄着。
  • 服は運動量で決める。
  • 保育園の方針、暖房設備を確認。
  • フード付きやパーカーは避ける。
  • まとめ買いは、おすすめしない。

と、いうことです。

保育園は、ファッション性よりも安全面
重視で選ぶようにしましょう。

コメント