ホウ砂なしふわふわスライムの材料は重曹と目薬?簡単な作り方紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供ってスライムの不思議な感触が大好き!
ぐいっと伸ばしたり、ひんやりしたりして楽しいですよね。

そんなスライムは、昔から子供に大人気なのですが、おうちでも簡単に作ろうと思うとホウ砂ってなかなか常備されてない!

しかもスライム作りでは王道のアリエールやボールドの洗剤もない!

ないないづくしなので、失敗になるかもと思いながらも作ってみたら出来ました!

今回は、お店でも手に入りやすいものの1つである重曹と目薬を使った、ふわふわスライムを作ってみようと思います。

10分ほどで作れるので、子供と一緒に手軽に作ることができるのも魅力的!!

では早速ふわふわスライムの材料と作り方を一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

ホウ砂なしふわふわスライムの材料と作り方!

それでは早速材料から見ていきましょう!

□ふわふわスライムの材料□(分量は適当で大丈夫)

・洗濯洗剤(今回はハレタ!を使ってみます。)

・洗濯のり(今回はダイソーでゲット!)
PVAもしくはポリビニルアルコールと書いてあるもの

・ホログラムのパウダー
(好きな色でキラキラが要らない場合は不要。)

・重曹

・目薬

・ハンドソープ(普通におうちにあるもの)

□あると便利なもの□

・ボール

・ヘラ

重曹や目薬を入れるまでトロトロのベタベタなので、ヘラはあったほうがおすすめです!

◇作り方◇

①ボールに洗濯のりを入れる。(今回はハレタ!を使用。失敗したときのことを考え、ごく少量。)

②洗濯洗剤を入れる。(洗濯のりと同じくらい入れてみました。)

③ハンドソープを入れる。この時点では全然伸びないしサラサラの状態!

④ここで目薬を入れる。入れ始めたら固まり始めるので様子を見ながら!

※これが固まってきた様子。ヘラでグーンと伸ばせます。

⑤ここでキラキラを入れたい場合はグリッターを入れる。

混ぜこんだ状態。薄いピンク色はハレタ!の色なので、着色したい場合はグリッターを入れるときに食紅や水でうすめた絵の具をいれる。

ここで触ってしまうと下の写真のように手にくっついて取るのが大変になるので、間違ってもこんな風にはしないほうがおすすめ。(ついてしまったらウェットティッシュか大体をティッシュでふき取って水洗いでとれる。)

⑥様子を見ながら重曹を少しずつ入れて混ぜる。重曹が混ざるとべたつかなくなる。

⑦重曹が十分まざったら出来上がり!結構のびるふわふわスライムの完成!
これで手にもつかないので安心!形も自由に作れますよ。

スポンサーリンク

ふわふわスライムの保存方法は?

ふわふわスライムを保存するときは密閉容器がおすすめ。

少し時間が経つと水分が出てくることがあります。
そのため、ジップロックのような容器が便利ですね。

私はダイソーでミニパックと書いてあるミニサイズの容器を購入して保存しています。

手で遊ぶものなので雑菌などにもよりますが、長期間の保存は、カビが生える可能性もあります。注意しましょう。

スポンサーリンク

ふわふわスライムの注意点は?

ふわふわスライムは、洗剤を使っているため肌が弱いとガサガサになりがち
なので、遊んだあとは保湿をしっかりしてあげることが大切です。

簡単な材料でできますが、子供が絶対口に入れないように注意しましょう

スポンサーリンク

さいごに

ふわふわスライムはホウ砂なしで簡単につくれるのが魅力!大人はしっかりと子供が口に入れないように見守ってあげて、子供に任せてみるのもよいと思います。

自分たちで作ることでより楽しく遊べると思います。是非作ってみてくださいね。

ホウ砂なしダイソーだけで手に入るアイテムでモコモコスライムも楽しい!とにかくすごくよく伸びますよ!すぐできちゃいます。
モコモコスライムも簡単!材料や作り方も詳しく紹介!!

暗闇で光る!ダイソーアイテム使用スライム!動画あり。

コメント