赤ちゃんがオムツ替えで暴れるのを抑えるコツは?保育士が教えます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツ替えって、小さい
うちは、まだそんなに動かないんですが、
大きくなるうちに、大変になってきます
よね?

テープを留めようとしているのに、
ゴロン・・。

足をばたつかせる。

一日何度もオムツを替えないといけない
ため、

お悩みママ
お悩みママ

もうオムツなんて
かえたくない・・。

と、いうママもいるのではないので
しょうか?

 

そんなとき、少しでも赤ちゃんが暴れる
のを、抑えられたら助かりますよね。

そこで、

今回は、保育士目線と、ママ目線で
赤ちゃんのオムツ替えのときに暴れる
のを抑えるコツを中心にお伝えして
いきたいと思います。

 

 

 

子どもの指しゃぶりについては・・

子供の指しゃぶりは何歳まで?やめさせることに成功しました!

うつぶせの練習については・・

乳児のうつ伏せ練習!手の位置のポイントとタオルを使う裏技紹介

スポンサーリンク

赤ちゃんがオムツ替えで暴れるのってどんなとき?理由は?

赤ちゃんが、オムツ替えで暴れるのって
どんなときなんでしょうか?

  • テープを留めようとしている時に、
    寝返りをしようとして暴れる。
  • うんちのときに限って暴れる。
  • 夜中の交換のときに暴れる。

この3つのケースが、比較的多いのでは
ないのでしょうか?

それでは、順番にどうしたらいいのか、
一緒に見ていきましょう。

赤ちゃんがオムツ替え中に寝返り!防止策はあるのかな?

赤ちゃんが、オムツ替え中に寝返りをして
しまうとき、防止策はあるんでしょうか?

寝返りが出来ると、赤ちゃんは自分の
意志で、したいときに寝返りをします。

なので、寝返りをしようと思わせない
ようにすればいいんです。

基本的には

  • 興味を違うところで引く。
  • 楽しい雰囲気を出す。
ことが、有効になります。
なぜなら、赤ちゃんは
  • なにかな?
  • おもしろそう。

と、いうことに興味や関心を持つから
です。

それに、オムツ替えをすることにより、

すっきりキレイになる!気持ちがいい!
と、いうことを知らせていくことで、
徐々に嫌がらなくなるはず。
(個人差がありますが)

たとえば・・

  • 音の出るオモチャを持たせる。
    (にぎったときにナイロン袋の
    音がするオモチャなど)
  • 歌を歌いながら、オムツ替えを
    する。
  • 名前を読んでみる。
  • 話しかけながらオムツ替えを
    する。
  • メリーをつける。

など。

オムツ交換が嫌なものではないことを、
分かってもらえるように繰り返していく
ことがポイント。

保育園では、わらべ歌を歌いながら
替えてみたり、お気に入りのおもちゃを
持たせたりしています。

保育園で歌っているわらべ歌は、歌う
というよりも、語り掛けるかんじ。

乳児に人気の遠野のわらべうた5つ紹介!0歳もママと一緒に楽しむ!

こちらの記事にまとめてありますよ。

スポンサーリンク

おむつ替えでうんちのとき暴れる!

うんちのときだけに暴れたり、大泣き
したりする場合は、どうしたらいいん
でしょうか?

うんちのときだけ・・というときは、

  • お尻が痛い。(便が固め)
  • 強く拭きすぎている。
  • お尻が荒れている。

ことも考えられます。

保育園の0歳児さんの例をご紹介すると、
うんちのときにだけ暴れる子どもの場合、

  • お尻がかぶれがち。
  • 肌が弱い。
  • 便秘がち。

と、いうかんじです。

この子どものオムツ替えをするときに、
私が意識してやっているのは・・

素早くキレイにする
と、いうこと。
時間がかかってしまうと、更に暴れる
ことになるからです。
おうちから、お尻ふきを用意して持って
きてもらっているんですが、そのお尻
ふきがペラペラで上手く拭きとれないん
です。
お尻ふきだけで対応していると、何回も
拭かないといけなくなり、時間がとても
かかってしまいがち。
なので、ウンチの汚れをざっと取って
しまったら、シャワーで仕上げをして
います。
そして、必ず最後に
きれいになって気持ちいいね!
と、声を掛けるようにしていますよ。
ウンチが肌についたままだと、確実に
かぶれますから、手早くできる工夫を
することが大切。
シャワーをするのが大変・・という
場合は、
  • お尻ふきを変えてみる

と、いうのも1つです。

保育園におうちから持ってきていただいて
いるなかで、私たち保育士も拭きやすいと
話題になったのは・・。

これ!!

シートがめちゃくちゃしっかりしてて、
みんなこれに変えてほしいくらいの
拭き心地!

ほったらかしになっていないウンチの
汚れならスルンとキレイになります。

強くこすってしまいがちなママには、
おすすめですよ。

スポンサーリンク

夜中のオムツ替えで暴れる!

夜中のオムツ替えで暴れる・・。
そんなこともあると思います。

夜中のオムツ替えって、ママ自身も
眠いし、疲れているししんどい
ですよね。

そんなときは、

  • 起こしてしまってもいい

と思います。

寝ながらオムツを替えてあげようと
思うと、上手くいかないことも
多いはず。

おそらく、

  • 寝ているのに突然でびっくりする。
  • 眠いのにやめてほしい。

など、そんなかんじの理由で、暴れる
ことが多いかと。

私は、おむつなし育児をしていたので、
夜中も子どもがモゾモゾ動いたら、
おしっこをさせていたので、多分
子どもも起きていました。

一度起きても

  • トントン
  • 抱っこでユラユラ
  • ラックをゆらして寝かす。
  • 抱っこ紐でおんぶする。

などすると、すぐ寝てくれました。

暴れるときは、一度起こすことも
試してみると、上手くいくことも
ありますよ。

赤ちゃんのおむつを替えたくない・・。

赤ちゃんのおむつを替えたくない・・。

そんな気持ちになるときって、ママが
相当疲れているサイン。

  • ゆっくり休めない。
  • いつも赤ちゃんのことを見ている。
  • 寝不足が続く。
  • 話相手がいない。
  • ワンオペ育児中

こんな状態だと、無理をしているのに、
自分では気づいていない状態のことも
あります。

実際には、オムツを替えないと赤ちゃんに
とっては、よくない状況が分かっている
と思うママが多いはず。

それでも、替えたくないと思ってしまう
ときは、

  • 家族に相談する
  • 家族がいなければファミリー
    サポートを利用する。
  • 代行サービスを利用する。

こんな方法で、ゆっくり休む時間を作る
ことも必要。

子育ては先が長いですからね・・。

家族に相談する場合は、自分の味方に
なってくれる家族に相談することを
おすすめします。

私は、味方になってもらえず、余計に
否定されて辛くなっただけでした。

お金をかけて、サービスを利用すると、
当たり前ですが、自分の味方になって
もらえます。

お金をかけるのは、節約にならないかも
しれませんが、子どもの親は自分しか
いないです。

1人で頑張って倒れてしまっては、意味が
ないですから、自分に賢くお金を投資する
ことで、乗り切ることも必要です。


こちらのピックシッターは、

  • 保育園運営企業が行っているシッター
    サービス。
  • 家事代行も頼める

ので、かなり頼りになると思います。

シッターだけ、家事代行だけではなく、
両方してもらえるので、ママの
「あれも、これもしなきゃ!」
と、いう気持ちが少し楽になりますよ。


ベビーシッターサービスだけじゃない!家事代行も頼める!!【ピックシッター】

スポンサーリンク

さいごに

今回は、赤ちゃんのおむつ替えで暴れる
のを抑えるコツを中心にお伝えしました。

さいごにもう一度まとめると・・

  • 興味を違うところで引く。
  • 楽しい雰囲気を出す。

と、いうことを基本として、具体的な
方法としては・・

  • 音の出るオモチャを持たせる。
    (にぎったときにナイロン袋の
    音がするオモチャなど)
  • 歌を歌いながら、オムツ替えを
    する。
  • 名前を読んでみる。
  • 話しかけながらオムツ替えを
    する。
  • メリーをつける。

と、いった方法も有効です。

あ!あと意外に赤ちゃんって、大人が
フーっと息を吹きかけると喜びます!

そうすると、赤ちゃんも

「もっとしてほしいな。まだかな?」

と、期待をして待っている様子があり、
そのやり取りでコミュニケーションも
取れるのでおすすめですよー。

おむつ交換が簡単なふれあい遊びに
変身するので、是非やってみて
くださいね!

コメント